視力 サプリ

辛い目の症状を視力サプリで改善してみませんか?

視力低下を感じている女性

視力が悪くなってきた、老眼が進んだかも?目が見えにくい、かすむ…など、目の辛い症状に悩んでいる人はいませんか?

 

私たちの目は、スマートフォンやテレビ、パソコンやゲームなどの機器によって酷使される環境にあります。

 

そして、これらの機器によって強いストレスを受け続けているので、目はとても疲れているという状況にあります。

 

そのような中で、細かい作業をしたり仕事をこなしたり、夜間の車の運転をするのは本当に辛いですよね。

 

クリアな視界をとり戻したい、よく見える目になりたい、なんとかできるものなら何とかしたい!と思う方も多いのではないでしょうか。

 

でも、だからといってスマートフォンやパソコンを使わない、テレビを見ない、ゲームは一切やめる…というような生活に切りかえることは難しいです。

 

なので、なるべく、今の生活状況を維持しながら、辛い目の症状を改善したいですよね。

 

でも、そんな方法ってあるのでしょうか。

 

実は、あるのです。

 

視力サプリ

それは、視力サプリで目に良い栄養素を摂るという方法です。

 

見えにくい目を治す、視力をすぐに回復させるというような効果は期待できません。

 

でも、たとえばメグスリノキ、ルテイン、アントシアニンといった視力に良い栄養素が配合されたサプリメントを摂ることで、視力が良くなる効果が期待できます。

 

目が見えにくくなったり老眼が進むなどの症状は、目が疲れることだけが原因ではありません。

 

でも、目に良い栄養を摂ることで、目の疲労を和らげることができたり、ドライアイを改善するなどして視力の回復効果が期待できます。

 

サプリメントは健康食品なので、毎日飲みつづけても副作用が起きるというようなリスクはありません。

 

ただし、アレルギー体質の人、特に食品にアレルギーのある方は注意が必要ですが、アレルギーがない方なら、視力サプリを試してみる価値はとてもあると思います。

 

というのは、こちらでご紹介するサプリメントは、口コミでも良い効果があったとコメントしている方が多い人気の視力サプリだからです。

 

そして、

  • 視力を回復したい
  • 老眼が気になる
  • 白内障などの目の病気を予防したい
  • ドライアイや目の疲れを改善したい

という方達に試していただきたいサプリメントです。

 

目に良い栄養素が入ったアイサプリ、視力をとり戻したい…という方は参考になさってみてくださいね。

 

口コミで評判のいい視力サプリランキングをご紹介!

めなり ※当サイト一押し!!

「めなり」は、口コミでとても評判が良い人気の視力サプリ

 

2016年のモンドセレクションでは金賞を受賞しています。

 

配合されている栄養素はハイスペック。

 

具体的には、

  • 高吸収率の吸収型ビルベリー
  • 天然のサングラスとも呼ばれるルテイン
  • ルテインをサポートするクロセチン
  • アメリカで高い実績を誇るゼアキサンチン
  • 夜間の目の悩みを改善する作用が期待できるβカロテン

 

このような栄養素がギュッと詰まったサプリなので、視力に悩む人たちの間で評判がよく、人気沸騰中です。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

一望百景
一望百景(マイケア)

一望百景は、沖縄ならではの素材を原料に用いた視力サプリ。

 

なぜ沖縄の素材なのか…というと、沖縄の人たちは他の県の人たちよりも視力が良い人が多いからだそうです。

 

沖縄ならではの素材としては、

  • 紅芋
  • 琉球もずく
  • 八重山かずら

など。

 

一般的な視力サプリではあまり見かけない原材料が用いられています。

 

ですが、健康食品の分野で高い実績のある「マイケア」の視力サプリメント。

 

なので、信頼性や安心感もあるということで、このサプリを選ぶ人が多くいます。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

ブルーベリー&ルテイン
ブルーベリー&ルテイン(リフレ)

ブルーベリー&ルテインは、視力に良い成分がたっぷり25種類も配合されているアイケアサプリです。

 

その成分は具体的にいうと、ブルーベリー、カシス、メグスリノキなど。

 

栄養素としてはルテインなどの、視力に良い成分がしっかり配合されています。

 

楽天市場でも人気の高いサプリで、売り上げ第一を獲得していますし、モンドセレクションでは金賞、しかも5年連続受賞という実績があります。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

ルックルックベリー
ルックルックベリー

ルックルックベリーは、老眼で悩む人達の間で人気の視力サプリです。

 

物を見る力をサポートする成分として北欧のビルベリー、アサイーなどを使用。

 

そして、それら原材料から抽出されるアントシアニンやルテインなどの成分に視力を助ける作用が期待できます。

 

さらには、健康にも良いEPAやDHAといった栄養素も摂れるので、健康サポートとしてもおすすめ。

 

知名度としてはいま一つな部分もありますが、目だけでなく健康維持のためにも飲みたいサプリとして人気が高いです。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

アサイーベリーファイブスター

アサイーベリーファイブスターには、その名の通り奇跡のフルーツと呼ばれる「アサイー」が原料として用いられています。

 

さらには、メグスリノキやルテインも配合されているので、視力サポートして高い効果が期待できます。

 

そして、このアサイーベリーファイブスターは、夕方や夜になると目がショボショボしてしまうという人におススメ。

 

眼精疲労や老眼などにも効き目が高いといわれています。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

当サイトのランキングは、視力サプリの総販売数や、使用者の満足度、また各口コミ情報サイトのレビューや体験談などの評価を基にランキングしたものとなっています。

口コミで大人気!高評価の視力サプリはこちら!

視力の低下に悩んでいる方達の間で話題になっていて評判が良く、人気が高い視力サプリといえば「めなり」

 

めなり

 

視力対策として効果があるアイサプリを選ぶなら、目に良い栄養がたっぷり入っているサプリを選ぶことが重要です。

 

なので、目に良い栄養とはどのようなものなのかを知らないと、良い視力サプリを選ぶことができません。

 

でも、「めなり」を選べば目に良い栄養がたっぷり摂れそうですよ♪

 

それでは、目なりの栄養成分についてご紹介します。

 

めなりのアントシアニン配合量

 

まず、アントシアニン

 

アントシアニンとは、ビルベリーなどにたくさん含まれている栄養素で、目の健康には欠かすことができない成分といわれています。

 

でも、アントシアニンは身体に吸収されにくい成分ですし、尿などと一緒に排泄されてしまうので、毎日適量を摂ることが必要です。

 

しかし、食事などから摂ろうと思うと効率的ではありません。

 

ですが、「めなり」なら体内に吸収されやすいように改良されたアントシアニンがたっぷり配合されています。

 

ルテイン

 

そしてアントシアニンだけでなく、目に入ってくる紫外線やブルーライトなど害のある光線から目を守る「ルテイン」も配合。

 

ルテインは天然のサングラスとも呼ばれているほど目に良い成分ですが、これも食事から毎日適量摂るのは難しいです。

 

でも「めなり」なら、アントシアニンもルテインも、毎日必要量をしっかり摂ることができます。

 

さらには、アスタキサンチンやβカロテン、クロセチン、ゼアキサンチンというような栄養素も入っているので、視力の悩みの改善に役立ちそうですね。

 

めなりでクリアな世界

 

「めなり」は1日2粒飲めばOK

 

そして、視力悪化の予防やドライアイ・眼精疲労の予防や改善・回復作用、白内障や緑内障などの目の病気の予防や改善などにも効果が期待できます。

 

食事だけではとるのが難しい栄養素が効率的に摂れますし、1日2粒飲むだけで簡単なので継続もしやすいです。

 

今なら通常価格の77%OFFで始めることができますよ。

 

視力で悩んでいる、目に良い栄養素を摂りたいという方は、「めなり」を試してみてはいかがでしょうか。

 

公式サイトでもっと詳しい情報がチェックできますよ。

 

公式サイトはこちら

 

>>ランキングを確認する

視力低下を避けるための対策法ってある?

パソコンキーボードと眼鏡

最近視力が落ちてきた…と悩んでいる人はいませんか?

 

視力が落ちる、見えにくい…という症状は、近視や遠視、老眼などが原因になっていることが多いのですが、根本的な原因の一つに目の疲れや目に良い栄養が不足しているということがあるようなのです。

 

とはいっても、一度近視になってしまった、老眼になってしまったという目を良くすることは難しいです。

 

それに、その原因には加齢も関係しています。

 

ですが、それ以上視力が低下してしまわないようにする、今、視力が良い人は視力が低下しないようにするというのは、目に良い栄養を摂ったり、目を休ませてあげることで「対策」ができます。

 

なるべく視力が低下しないようにしたいですから、目に良いといわれることは実践していきたいですよね。

 

なので、最近は眼に良いサプリメントが注目しています。

 

目に良いサプリメントとは、アントシアニンやルテインが配合されたサプリメント

 

いつもの食事にプラスして、目の健康のために良い栄養素を摂るだけで、視力の悪化が防げるならぜひそうしたいです。

 

でも、どんなに目に良い栄養素を摂っても、目を酷使しすぎていたのではその効果は発揮されません。

 

私たちが生活する環境のなかには、テレビやスマホ、パソコンなど目を酷使せざるを得ない機器が溢れています。

 

こういった機器ばかりを見ていると、目の毛様体筋という筋肉の緊張が続くことになり、目が疲労します。

 

この状態が眼精疲労

 

眼精疲労になると、単純に目が疲れた…というだけでなく、肩こりや頭痛などの症状も出ますし、イライラするなどの精神症状も発症。

 

さらには、注意力や集中力も低下、ドライアイで目が乾燥し傷つきやすくなります。

 

眼精疲労を予防するには?

 

目がスッキリした女性

眼精疲労を予防すれば、頭痛や肩こり、イライラ、ドライアイ…様々な不快症状が改善できそうです。

 

でも、眼精疲労にならないようにスマートフォンやパソコン、テレビを観ない生活にするということはできません。

 

なので、まずは「目を休ませる」という工夫をしましょう。

 

遠くを見て毛様体筋の緊張をほぐしたり、目のストレッチをするなどしてみてください。

 

そして、目に良い栄養素がたっぷり配合されたサプリメントや、疲れ目に効く目薬なども使用してみましょう。

 

自分に合うものが見つかれば、ずいぶん目の疲れは楽になるのではないでしょうか。

 

そうすれば、視力の低下も予防・対策していくことができると思います。

 

>>ランキングを確認する

視力にいい成分アントシアニンとは?

ブルーベリーのアントシアニン

アントシアニンは、ビルベリーやブルーベリー、黒豆(黒大豆)、ブドウ、小豆、カシス、赤キャベツ、紫芋などに含まれる色素成分「ポリフェノール」の一種で、抗酸化作用に優れています。

 

中でも15種類ものアントシアニンが含まれているブルーベリーは、優れた抗酸化作用を持つフルーツとして話題。

 

とはいっても、ブルーベリーには色々な種類があり、アントシアニンの含有量にも差があります。

 

アントシアニンにはどんな作用がある?

 

視力に良い目薬

アントシアニンには、眼精疲労の改善・回復、老眼予防・改善などの作用だけでなく、コラーゲンを安定させる作用もあります。

 

また、肝機能障害の改善・回復、血圧上昇の抑制作用、毛細血管トラブルの改善作用などもあります。

 

ですから、視力に悩んでいる人にはもちろん、肝機能や血圧、血行不良などに悩んでいる人にも摂っていただきたい成分です。

 

高コレステロール血症の患者さんに対する臨床試験では、アントシアニンによって血中HDLコレステロール値の増加、そしてLDLコレステロール値の減少効果が認められるという結果が出たそうです。

 

このように、アントシアニンは視力だけでなく健康にも良い効果があることが、臨床試験によっても証明されています。

 

アントシアニンはなぜ眼にいいの?

 

上記でご紹介したように、アントシアニンは健康にも美容にも効果が期待できる成分です。

 

そして、眼の健康に役立つ成分としても注目を集めています。

 

では、なぜアントシアニンは眼にいいのでしょうか?

 

それは、眼の疲れを回復したり物を見るための色素「ロドプシン」の再合成をサポートする作用があるからです。

 

ロドプシンの再合成力は、老化に伴って弱くなっていきます。

 

なので、眼が疲れやすい、ピントが合わないなどの視力の問題が出てくるのです。

 

そこで、アントシアニンを補うとロドプシンの再合成がスムーズに行なわれるようになるので、眼にいいといわれるのです。

 

臨床試験では、アントシアニンを摂ると夜間視力がアップするという報告結果もあります。

 

摂取の際に注意することはある?

 

鉄分不足の女性

アントシアニンは、ブルーベリーなどの植物に含まれる色素成分。

 

なので、副作用の心配はありません。

 

しかし、サプリメントとしてとる場合は過剰摂取に注意が必要です。

 

成分がギュッと凝縮されたサプリメントで摂ると、効率よく成分が摂れますが、濃度も濃いので過剰摂取のリスクが高くなります。

 

摂りすぎてしまうと鉄分の吸収を妨げたり、胃腸トラブルを招く危険があります。

 

なので適量を守るようにしてくださいね。

 

また、もし持病などがあり病院で治療を受けている、薬を飲んでいる、ほかのサプリメントなどを飲んでいるという人は、飲み合わせについても、一度、医師や薬剤師に相談してから購入・使用を検討した方が安心です。

 

>>ランキングを確認する

ブルーベリーは視力に良いの?

ブルーベリー

「ブルーベリーは視力にいいよ!」といわれた経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

受験勉強を頑張っていたり、読書をしていたり、パソコンやスマホを使うことが多いと目が疲れて視力が落ちたりすることも。

 

そのような時ブルーベリーを摂るといいというのは、みんな知っていることですよね。

 

でもなぜ、目にいいのでしょうか?

 

こちらでは、ブルーベリーが視力に良いといわれる理由についてまとめてみます。

 

そもそもブルーベリーとは?

 

健康で生き生きとした女性

ブルーベリーは、コケモモ族ベリー類の総称。

 

釣り鐘の形をした可愛い花を咲かせ、濃い紫色の実がなる植物です。

 

そして、ヨーロッパでは古くから伝統ハーブとして健康に用いられてきましたが、現代は世界中で食用として栽培されています。

 

医薬品として認可を受けている品種もあるそうですし、最近はサプリメントとしても販売されています。

 

視力にいいのはなぜ?

 

ブルーベリーが視力にいいのは、網膜のなかにあるロドプシンという物質のサポートをする成分「アントシアニン」が含まれているため。

 

アントシアニンは、ポリフェノールの一つで、強い抗酸化作用があります。

 

紫外線やパソコン、スマートホンなどの光の刺激によって発生した活性酸素を除去し、ロドプシンを助ける作用があるため、目の健康に効果的、視力の改善効果も期待できるというわけです。

 

健康維持や美容にも効果的

 

アントシアニンには抗酸化作用があるので、活性酸素が増えることによって発症のリスクが高まるといわれるガンや生活習慣病などの予防、毛細血管の保護、血栓の保護などの作用が期待できます。

 

また、シワやシミなどの肌の老化も防ぐことができます。

 

なので、視力対策としてだけでなく、健康維持のためにも摂ったほうがいいのです。

 

ブルーベリーはどんなことに注意して摂ればいい?

 

オッケーポーズする女性

ブルーベリーには色々な品種があり、生で食べてもとても美味しいです。

 

ですが、ブルーベリーを生でたくさん食べてしまうと胃腸に負担がかかることも。

 

なので、適した量を摂るようにしましょう。

 

もしサプリメントで摂る場合は、必ず1日の摂取量を守って摂るようにしてください。

 

>>ランキングを確認する

ビルベリーにはアントシアニンがたっぷり!

目の疲れが酷い女性

コケモモ族ツツジ科のビルベリーには、視力にいいといわれている栄養素がたっぷり入っています。

 

ビルベリーといえば、とっても可愛らしいピンク・グリーンの釣り鐘の形をした小さな花を咲かせる植物。

 

そして、熟すととてもきれいなブルーブラックの実を実らせます。

 

このビルベリーは、ジュースやジャムに加工され食されますが、近年は視力に良い成分が豊富に含まれていることからサプリメントとして加工されることも多いです。

 

眼精疲労や老眼、視力回復のためにビルベリー配合のサプリメントを使用しているという人も多いですよね。

 

特に北欧産のビルベリーは、高い効果が期待できるといわれています。

 

それは、北欧のビルベリーは、ちょうど収穫期に一晩中太陽が降り注ぐ白夜の季節になるため。

 

太陽がたっぷり降り注ぐことによって、ビルベリーの成分であるアントシアニン含有量が多くなるそうです。

 

アントシアニンが視力にいい!

 

視力検査表

アントシアニンは、視力維持のために効果的な成分。

 

なぜなら、目の網膜のなかにある成分「ロドプシン」の再合成をサポートする作用があるからです。

 

このロドプシンとは、体内で合成される光を感じるための物質。

 

でも、加齢や栄養不足によってその合成力が低下し、目が疲れやすくなったり視力の低下につながるのです。

 

そのような時、アントシアニンを適切に摂取すれば、目に栄養をあげることができます。

 

すると、ロドプシンの合成力が良くなるので、目の疲労回復、老眼対策、視力回復に効果的

 

視力の低下は、疲労の積み重ねも原因の一つですから、視力を維持したい、低下した視力をとり戻したいという人は、アントシアニンを摂ってみると良いかもしれません。

 

さらには、アントシアニンには視野を広くする、毛細血管を守るという作用もありますし、動脈硬化などの生活習慣病の予防効果も期待できます。

 

そして、糖尿病や高血圧症の合併症として発症する網膜症の改善に、アントシアニンが効くという検証結果も報告されています。

 

ビルベリーをサプリで摂る時の注意点

 

豊富なビルベリー

アントシアニンがたっぷり含まれているビルベリーは、目の健康、視力、そして健康そのものにも良い効果が期待できる果物です。

 

ですが、たくさんの量を一度に摂ると胃腸に負担がかかります。

 

生のフルーツで食べる場合も食べ過ぎには気をつけなければいけませんが、特に気をつけなければいけないのはサプリメントで摂る時。

 

サプリには、栄養素がギュッと詰まっているので、摂りすぎれば健康を害す原因になります。

 

ですから、サプリで摂る場合は、1日の摂取量の目安をきちんと守るようにしてくださいね。

 

>>ランキングを確認する

視力にはルテインが良いって本当?

遠くを見つめる女性

天然色素「カロテノイド」の一つでもあるルテインは、動物や植物が持つ赤や黄色の色素で強い抗酸化作用のある成分です。

 

カロテノイドといってもその数は600種類以上もあり、その種別はβカロテン(カロテン系)とゼアキサンチンやルテインなど(キサントフィル系)に分けられます。

 

このうちキサントフィル系に分けられる成分「ルテイン」を含んでいる食材は、緑黄色野菜(ほうれん草、ブロッコリーなど)や黄色花の花びらや果実(とうもろこしなど)、卵黄などがあります。

 

ルテインの役割

 

ブルーライトカット眼鏡

ルテインの役割は、横紋の健康を守ること。

 

ゼアキサンチンと同じように目の網膜内にある黄班部にあり、ブルーライトや紫外線などによるリスクから目を守ったり、加齢黄班変性症の予防作用などがあります。

 

私たちの目は、スマホやパソコン、テレビ、蛍光管などのブルーライトにさらされることが多いです。

 

ブルーライトは目の活性酸素を増やし、その活性酸素が黄班部にある脂質を酸化してしまいます。

 

その酸化によって、視力が悪くなったり加齢黄班変性症などの目の病気が起きるのです。

 

しかし、食事などから摂ったルテインがブルーライトを吸収し、酸化を防ぐという抗酸化作用を発揮してくれます。

 

また、疫学調査でもルテインを摂ることによって加齢黄班変性症や白内障のリスクが少なるという結果も報告されています。

 

さらには、加齢黄班変性症や白内障だけでなく、乱視、近視、老眼などの視力に関係するトラブル発症のリスクも少なるという結果も出ているとのこと。

 

乱視や近視、老眼、白内障、加齢黄班変性症などの目のトラブルは、活性酸素が増えるということが原因だといわれています。

 

なので、抗酸化作用のあるルテインを摂れば、そういった目のトラブルに悩むリスクが少なく済みそうです。

 

ルテインを摂るときに気をつけること

 

老人性白内障

ルテインは、目の健康に役立つ成分の一つですが、ほかにも視力に良い成分というとアントシアニンがあります。

 

でも、どちらかを摂ればOKということではありません。

 

アントシアニンとルテインはそれぞれ役割が異なるので、共に摂るのがおススメです。

 

>>ランキングを確認する

抗酸化作用で視力を守るアスタキサンチン

目の疲れに悩む男性

アスタキサンチンは、カロテノイドの1種で抗酸化作用があり、目の疲れを予防したり老眼対策に役立つなど視力の低下を防ぐ効果も期待できる成分です。

 

抗酸化作用とは、紫外線などによって増えた活性酸素を除去する作用のこと。

 

増えすぎた活性酸素は細胞の機能を衰えさせたり、老化を早めるので除去しなければなりません。

 

その活性酸素の除去に役立つ成分がアスタキサンチンです。

 

そして、カロテノイドのなかでもアスタキサンチンの抗酸化作用は特に強いので、アンチエイジング成分として注目を集めていて、化粧品などにも多く用いられています。

 

このアスタキサンチンが含まれる食材は、サケやイクラ、鯛、蟹、エビなどの赤や黄色をした動植物。

 

アスタキサンチンは視力対策にも効果的

 

パッチリな瞳

アスタキサンチンは、目の疲れを予防する効果、身体や肌のアンチエイジング効果が期待できる成分。

 

具体的には、目の活性酸素を除去する作用があり、目のピントを調節したり目の機能を守ることができます。

 

ピント調節を改善する効果については、富山医科薬科大学の眼科が行なった試験で実証されています。

 

さらには、視力を司る重要な部分である網膜や黄班部で目を守る作用もあります。

 

私たちの目は、紫外線やスマホ、パソコンなどのブルーライトなどで活性酸素が増えてしまいます。

 

なので、アスタキサンチンを摂って、視力に関わる重要な部位を守る必要があるのですね。

 

そして、ピント調節が改善されれば目が疲れにくくなるので眼精疲労の悩みも改善。

 

眼精疲労が改善されれば、頭痛や肩こりで悩むことも少なくなりそうです。

 

健康や美容にも役立つ

 

アスタキサンチンは、健康や美容にも役立ちます

 

脂肪に溶けるという性質を持っているアスタキサンチンは、血液中の悪玉コレステロール(LDL)の酸化を抑える作用もありますし、血管壁を守作用もあります。

 

そして、アスタキサンチンを摂取し続けるとHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)、Tnf-α(腫瘍壊死因子)も減少、そしてアディポネクチンの値は上昇することが分かっています。

 

つまり、メタボリックシンドロームの予防にも効果が期待できるのです。

 

また、先ほどご紹介したように活性酸素を除去する作用もあるので、活性酸素が増加することによって起こるシミ、シワ、肌荒れなどを防ぐこともできます。

 

どのように摂ったらいい?

 

ここまでにご紹介したように、アスタキサンチンは視力や眼精疲労の改善、健康、美容に効果的な成分です。

 

でも、どのように摂ると良いのでしょうか?

 

アスタキサンチンは、カロテノイドを含むトマトやニンジンなどと一緒に摂るとせっかくの成分の吸収率が悪くなってしまうそうです。

 

なので、カロテノイドを含まない野菜、たとえば大根おろしやレモンのしぼり汁などの水溶性抗酸化成分と一緒に摂ったほうが、吸収率がアップするので効果的です。

 

せっかく摂るのであれば、少しでも効果的に摂りたいですね。

 

となると食事から摂るのは少し大変なので、サプリメントなどを利用して摂るというのも一つの方法です。

 

>>ランキングを確認する